トップページへ戻る

サイトマップの作り方

この記事を書いた人 :

サイトマップの作り方

Webサイトで見たいページを探すとき、サイト全体が俯瞰できるといいと思いませんか?サイトの中でその役割を担っているのがサイトマップです。サイトマップはどのサイトにもあるページなのでしょうか?どうしてサイトマップが設置されているのかなどを詳しくご紹介いたします。

関連タグ:
今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ

サイトマップとは?

サイトマップとは、サイトのページ全体をリストで表したものです。ショッピングモールにあるフロアガイドのように、どこに何があるのか俯瞰して見れるので、サイトマップがあることで目的のページを探しやすくなります。

サイトマップには、大きく分けて2つの種類があります。1つはユーザーに対して目的のページがどこにあるか案内するための「HTMLサイトマップ」、もう1つは検索エンジンのクローラーに対してサイト内にどのようなページがあるか知らせるための「XMLサイトマップ」です。

「HTMLサイトマップ」はユーザーに向けて、「XMLサイトマップ」はクローラーに向けてというように、それぞれに役割や目的が違いますので、サイトマップを作るときは、「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」の違いを理解した上で適切に作成や管理を行いましょう。

「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」の違い

では実際「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」にはどのような違いがあるのでしょうか。

ユーザービリティの向上に役立つ「HTMLサイトマップ」

HTMLサイトマップは、サイト内のコンテンツをカテゴリ別に分けて一覧で表示したものです。主にページ数やコンテンツ数が多いWEBサイトのフッターやハンバーガーメニューの中に設定されており、訪れたユーザーがサイト内で迷ったときにすぐ見れるようになっています。

ユーザーが見たいページが見つからないとサイトから離脱してしまうことが多いので、情報を効率的に探せるようにして満足度を上げることがHTMLサイトマップを設置する目的です。

以前は、HTMLサイトマップはユーザーだけでなく検索エンジンにとっても有効だと考えられていましたが、現在はXMLサイトマップが検索エンジンにサイト構造や公開したページを伝えているので、SEOを目的とするならHTMLサイトマップは不要と考えられています。実際HTMLサイトマップを設置しないサイトも増えてきているようです。

クローラビリティの向上に役立つ「XMLサイトマップ」

XMLサイトマップには、各ページのURLの他に更新日や更新頻度が記述されており、XMLサイトマップがクローラーに読み取られることで、ページの存在や更新したことを伝えることができます。

サイトの新規ページのURLをXMLサイトマップに追記し、サーバー上にアップロードした後に検索結果が反映されたら、検索エンジンにページの存在が認識されたとわかります。重要なページをすぐに検索結果に反映させたい時など、XMLサイトマップを更新することをおすすめします。

その他に、XMLサイトマップを作成するとSEOに効果的なのは次のようなサイトです。

  • 公開したてのウェブサイト
  • 大規模なウェブサイト
  • 動画や音楽などを用いて表現されたサイト
  • スマホやPCが別々のURLで表現されているサイト
  • 常時SSL(https)化したサイト

サイトマップの作り方

「HTMLサイトマップ」の作り方とは?

HTMLサイトマップは、訪問するユーザーにわかりやすいことが大切です。ここでは、見やすいHTMLサイトマップの作り方をご紹介します。
情報量が少ないサイトのサイトマップなら1列のリストでも表示できるかもしれませんが、情報量が多い大規模サイトの場合、規則性を持たせて情報をグループ化したり、色で違いを出したりして工夫することで探しやすくなります。分け方を工夫するポイントは次の3つです。これらに色や画像を加えることで、より視覚的に分かりやすくすることができます。

  • カテゴリーで分け
  • 階層構造で分ける
  • 目的で分ける

ちなみに、Wordpressを使ってWebサイトを作成している場合、WordpressのプラグインにHTMLサイトマップを自動で生成できるツール「PS Auto Sitemap」があります。プラグインを導入するだけで、簡単にサイトマップを作ることができ、その後にWebサイトに追加したページは、自動的にサイトマップに追加してくれるので大変便利です。サイトマップのデザインにこだわりたい場合は独自で作り込んだ方がいいかもしれませんが、シンプルなリストの形のサイトマップなら「PS Auto Sitemap」でも十分作成できます。詳しくはこちらをご覧ください。
PS Auto Sitemap

「XMLサイトマップ」の作り方とは?

XMLサイトマップは、検索エンジンにクロールしてもらうために作成するので、検索エンジンが効果的にクロールできるような記述が必要になります。その記述は以下のようなルールがあります。

(1)1つ1つ解説すると<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>は
xml versionと文字コードを指定しています。

(2)<urlset xmlns=”http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9″>は
XML形式のサイトマップを現在のプロトコル標準の0.9で作成することを宣言しており、基本的にこのまま引用いただいてかまいません。

(3)<url>から</url>までの情報は、ここに記述するページ全体にかかる情報になります。
https://data.maison/items/ は、クローラーに評価してほしいサイトのURLを示しています。

(4)<lastmod>2021-06-28</lastmod>は、サイトのURLの最終更新日です。
この場合2021年6月28日に更新されたことになります。

(5)<priority>1.0</priority>は、このサイトにおける優先度を表しています。0~1.0の間で数字が大きいほど重要なページだと判断されます。順位には影響しませんが、重要なページかどうかをクローラーに知らせることができます。

まとめ

HTMLサイトマップは、サイトのユーザービリティ―をアップするために、XMLサイトマップは、クローラビリティーをアップするために有効なページです。コンテンツ量が多い大規模なウェブサイトになると検索エンジンのクローラーに正しく巡回されずにページがインデックスされないとこもあります。URLが検索サイトにインデックスされて初めてユーザーにページの存在が伝わるので、サイトのことを広く知ってもらうためにもサイトマップの効果を最大限に利用しましょう。

サイトマップはホームページ全体を見渡せる地図のようなもの。とくにHTMLサイトマップはデザインの良し悪しで、ホームページの使いやすさが違ってきます。他のWebサイトを見てインスピレーションを受けてデザインの参考にしている方も多いのではないでしょうか。しかし、思いつくままに見てもキリがありません。自身のサイトに近いターゲットや目的のサイトを参考にした方がより早く参考になるデザインをたどり着けるはず。そこで役立つのがdata maisonです。data maisonでは、業界毎の様々なデザインの特徴を統計データから分析することができます。詳しくはこちらをご覧ください。
Webデザインを学びたい・アイデアが欲しい

今すぐ最新の業界データを手に入れよう!

data maisonは、圧倒的な
低価格で同業サイトを徹底分析

かんたん登録で、登録したその月から最新のデータが手に入る!
簡単3ステップ

Webサイト調査を手軽に簡単に

※ ご契約にあたり初回契約期間は3ヶ月から。
以降月次更新となります。

※ 対象となる業界やWebサイトによって月額が異なります。

※ 価格は全て税込です。

  • ビッグデータ
  • 業界データ
  • 個別データ
  • 最新データ
  • 過去データ